ぽちっと先生は、講師の授業を何度でも
繰り返し受けることが出来ます。
 勉強に限らず、どんな事でも同じことを繰り返せば、誰でも学習する力は 定着します。しかし、教科書を覚えてもすぐに忘れてしまう。(*_*)

そしたらすぐに勉強することをやめてしまってい る生徒さんもいます。人の脳はコンピューターではありませんので、教えられたことを使わなければ誰でも忘れていきます。

すぐに使えなくてもまた同じことを 聞くことが出来たらだれでもわかるようになります。あきらめないで繰り返し勉強してください。

ぽちっと先生の 講師の授業は、忘れていたところまで、好きなだけ復習出来る「戻り学習」でやりなおすことが出来ます。

 小学校から習っている算数・数学、英語は積み重ねて理解する教科です。

なので、今の授業内容がよく解らなければ、忘れてし まった 学年まで後戻りして、もう一度やりなおすことで今の授業を理解することが出来ます。

ぽちっと先生のシステムでは、算数・数学と英語は、単元に沿って に従って瞬時に学年を後戻りして、理解しなおすことが簡単 に出来ます。

ぽちっと先生で 一流講師の授業は、
電子黒板を使い絵や図形を多く用い、
右脳にイメージさせる方法を取っています。


① 集中力を高める工夫
教科書1ページあたり、5分から10分前後という、集中力が持続する時間で講義を行っています。

学校や塾のように、50分間授業はありませんので、低学年の生徒さんも集中力が持続し、理解しやすくなっています。

また、個人差があるので集中力が持続するなら、2、3と講義を受け、先にどんどん進むことも自由に出来ます。

② 理解力
(そいうことか・そうだったんだ、)を強める工夫
 理解力の弱い生徒さんには、何度でも解るまで繰り返し同じ講義が受けられます。

それでも理解できなければ覚えている所まで戻ったり系統図に従って、理解しなおすことが出来ます。

③ 記憶力(なるほどわかった・納得できた)を高める工夫
学校や塾でのテキスト(文字)中心の授業ではなく、映像表現の講義です。

映像は、直接右脳に働きかけ、イメージで記憶されるので関連付けも簡単です。

黒板 をコンピュータ処理をしていますので、学校や塾の授業よりも、イメージしやすい絵や図形を用いて記憶しやすい講義を行っています。

映像講義の特徴をうまく 使って、右脳にイメージ記憶させる方法を、講師は講義の中で意識的に活用しています。