開発に向けての想い

学力差をなくす|開発に向けての想いの紹介ページです。


   開発に向けての想いと有名講師の講義 

学力差をなくす ために

★不登校の生徒さん

    これから加速度的に進む映像授業について

   映像授業と実際の授業
私たちの記憶の仕方というのは個人によって差があります。

たとえ ば
動く映像に魅かれ反 応する人
音や、 音声に反応する人
文字に よる伝達を好み反応する人
開発に向けての想い

日々目にしたものを記憶してその記憶したものを応用して知恵に変えていく方法にも差があります。

では、その差はどこから生まれるのでしょうか?
それは、あなたが記憶した中で好みのものか、そうでないかにより伝達手段から差が生まれます。
どれが良くてどれがいけないということではありませんが、大きく分けるとこの3つの違いでそれぞれ伝達スピードが変わっていき ます。

   3つを同時に流すことで記憶に留めてもらう方法に慣れて いる世代

  たとえば、家族とテレビを見ているとき、番組の間に流れるCMによく使われている技術です。番 組で画面の下の方に出演者の言葉を、わざわざテロップ(文字)で表示するのはご存知かと思います。

これはテレビがもともと 持っている映像と音に文字を加えて、3つ同時に放送しているわけです。


それを見た子どもたちは自然と記憶に定着させていくので文 字の読めないお子さんでもそのCMの意味も内容もわからず放送された言葉や表現を真似していますよね。(笑)

もちろん文字が読める子はその文字を表現できる ことになります。
これは映像の中に音と表現を組み込んで、さらに文字を挿入させて記憶にとどめてもらう技術です。

   そうだ!その手があったか!!(*^_^*)

なたのお子さんは テレビや ゲーム・パソコンはお嫌いですか
 
  現在の技術では、映像授業というのもよくできていて、担当講師の動 き(映像)、
(音)、黒板・ホワイトボードの文字と3つ同時に提供 するようになっています。
そしてCMのように集中できる時間(短編)でしかも、繰り返し見ることができたらきっと記憶に残ってます。 
学力差をなくす

   「知っている」「わかっている」「できる」の違い。

「知っている」と「わかる」と「できる(得点できる)」の差は何だと思われますか?

    学校のテストは時間までに出された問題をできるだけ多く解くというものです。
それを当てはめてみると、「知っている」レベルは 問題はわかるが「時間をかけても解答までたどり着けない」。
「わかっている」レベルは 「時間さえかければなんとかなる」と学力差をなくす
「できる」レベルは「時間内 にすべての問題に対応できる」の差と言ってもよいでしょう。

要するにテストで点を取るためには時間をかけて記憶したものを決められた時間内でどれだけ早く記憶の中から取り出すことができるかで結果が違うのです。

「知っている、わかっているんだけど・・・」と言う子どもさんは「時間内には解けません(スピードが遅い)」と言っているのと同じです。

学校での集団授業(教室で行う授業)は高校入試や大学入 試までの日程から逆算した分量とスピードで時間割を作って授業を行います。

この量とスピードについていけない生徒は「苦手な科目の授業」や「○○先生の授業」は、わかりにくいと言っています。

しかし中にはできる生徒もいるのですから苦手な教科や先生の「授業」がわかりにくい、だけではないのです。


勉強スピード 勉強スピード

どんなに子にもわかるように説明できる先生でも、もうひとつの要素「ス ピード」を考えて指導しなくてはわかってもらえません。

要するに学力差はこのスピードに対応する能力の差と言い換えることができます。このスピードを上げることに注目して最近の塾は個別指導が多くなっていま す

   高校入試や大学入試で要求される「量」と「スピード」

高校入試や大学入試で要求される「量」と「スピード」は生徒にあわせて変わるわけではありません。

どこかで調整する必要が出てきます。

また高い潜在能力を持っていながら、クラブ活動等 で授業のスピードに間に合わない生徒さんも出てきます。

こうした生徒さんは
訓 練不足からスピードへの対応が苦手になってゆきます。

ぽちっとe先生のお勧めは質の高い授業を維持しながら、
生徒さんの活動時間帯にあわせて「授業をあなたのために」用意できないものかと考えてきました。

学力差をなくすために思いを同じくする同業他社に関東圏・関 西圏で多くの生徒を指導している予備校さんがあります。

予備校の講師の授業を地方にいても見てもらいたいそんな思いと協力で生まれたのが、集団授業の量とスピードを一人のために提供するシステムそれがプロのテ クニックをよりたくさんの方へ指導できる「プロテク先生」です。

浪人生向けの映像配信とは異なり、すべての単元を初めて学習することを前提にして作ってあります。


再生スピードを変えることで、聞きながらノートを取ることが苦手な生徒さんも安心して受講できます。

   納得するまで何度でも戻ったり、先取りした学習が可能

  学校や一般の塾では限られた時間の中で、カリキュラムに沿って授業を進めなければなりません。
理解できていなくても先に進んでしまう授業の中で、その理解できなかった単元をそのままにしてしまいがちです。

しかし、ぽちっとe先生のお勧め講義なら講義映像が小さな単元別に収録されているため、苦手なところをピンポイントで、納得するまで何度でも繰り返し受講 できます。

学校や塾では今さら質問しづらいことでも、ぽちっと先生のお勧め講義なら
1対1だから安心して、納得 いくまで質問ができます。
授業の進み方が速い私立の生徒さんや、余裕のある生徒さんなら、ぽちっとe先生のお勧め講義で一歩先の授業や次学年の授業を予習することで学校の授業もス ムーズに理解できます


学力差をなくすと有名講師の講義画像

▲ ページトップ

ぽちっと先 生アイテム受験・入試情報最新情報メー ルマガジンサポート体制ごあいさつ
サイトマップ会社概要個人情報保護方針特定商法リンク情報お問い合わせ

リンクについて

学力差をなくす|開発に向けての想いと有名講師の講義へのリンクはご自由にどうぞ。

相互リンク随時募集中