プロテク ぽちっと先生アイテム

高校生アイテム | ぽちっと先生高校生アイテム紹介ページです。


      高校の勉強大学受験をサポート

  高校1・2年生の成績次第で、ほぼ大学受験の推薦入試の合否は決まります。 特に、中学で学ん だ内容を十分理解してあることが前提になります、高1では部活や学校に慣れるまで大変ですが
 日常の学習のリズムを作ることができれば十分です。
  
 普通高校であれば1年生から大学受験を目標にした授業内容になります。
  しかし、高校の授業はスピードも速く、内容も一段と難しくなります。自分1人の力では、なかなか理解することが困難です。

  授業がわからない、ついていけない……高校1年からドロップ・アウトしてしまう生徒が年々増えて
  きています。また、入学と同時に内容が難しくなり、「高校での授業1時間は中学での3時間にあたる」と言われるほど授業が早く進んでいきます。
 特に重要になってくるのが、毎日のきちんとした予 習 ・復 習です。
  
中学校と高校の授業の違い
  1)授業のスピードが
早くな り、内容ははるかに高度になってきます。
  2)主要5教科がより細かく分けられ、大幅に科目数が増えてきます。
  3)先生は中学のように手とり足とり教えてはくれません。自主学習が、必要不可欠になります。 
  4)授業の予習・復習は当然、1年の最初から大学受験のため計画的な学習が必要になります。



  ■大学進学
  どの大学でも入れればよいと考えれば、大学に入りやすい大学全入時代と言えるでしょう。
  しかし、将来、自分の個性を生かした仕事をしたい、自分の夢を実現したいと考えるなら、第1志望 の大学・学部に合格しなければな りません。 「本当に入りたい大学」をめざす受験生にとっては、
 大学受験の大変さは、これまでと少しも変わらないです。
 大学入試に向けて受験の基本となるのが、毎日の予習→授業→ 復習→テスト→確認
 積み重ねです。大学進学を目指す人は、 教科書と授業の基本的な内容をどれだけ理解できている
 のかが、受験時においても問われます。

  まずは教科書を徹底的にマスターすること、それが志望校合格へのワン・ステップとなります。
  大学進学を考える場合にも、高校の
教科書と授 業内容とのギャップを埋めるためには、自主学習
 が不可欠です。
 特に国立大学を目指す方は高校1年生から目標を設定して受験勉強に取り組み、より多くの知識、そして実戦へのテクニックを効率的に蓄 積しなければなりません。
 学校や予備校などで開催する模擬試験などは、 詳しい成績データが出ますから、自分がどのくらいの位置にいるのか、科目でどの分野が弱点なのかを把握することが大切です。

  志望大学・学部・学科を検討するにあたってぜひ手に入れておきたいのが、幅広い入試情報や、 各大学の合格ライン・出題傾向などのデータです。志望大学に合わせた、より効果的な攻略法を立てることも大切です。  
  
    

ぽちっと先生   高校生 英語

英文法基礎演習 112単元  プロテク先生英文法基礎 高校生  プロテク先生 英文解釈 高校生  プロテク先生 英語構文 高校生

有名予備校の講師陣がわ かりやすい講義

英文解釈T 156単元
英文解釈U 88単元
英語構文PART1 46単元
英語構文PART1 90単元
※英語センター対策 47単元

高校生 数学

数   学

プロテク先生 数学1高校生プロテク先生 数学 高校生プロテク先生 数学3c 高校生

☆大学受験は自習勉強と講師の実力できま る。
数  学TA 基礎 演習
数  学UB 基礎 演習
数  学 VC
基礎 演習
※ 数学 セン ター対策 20単元 

高校生 国語

国  語

現代文 プロテク先生 高校生古文 プロテク先生 高校生漢文 プロテク先生 高校生

☆質の高い問題を正しく読む力がつけられ る。
現 代 文 基礎編
実践編
古   典 基礎演習
文法 古文編
漢   文
基礎演習
文法 漢文編
「国語」の中には、国語総合、国語表現T・U、現代文、古 典、古典講読がある。教科書により、扱う作家、作品は違うので、常日頃からの読書量が必要。

高校生 理科

理   科

物理 プロテク先生 高校生化学 プロテク先生 高校生生物 プロテク先生 高校生

☆実験がわかりやすく表現される。
化   学 T
基礎演習
物   理 T  基礎演習
生  物 T  基礎演習

高校生 社会

社  会

日本史 プロテク先生 高校生世界史 プロテク先生 高校生地理 プロテク先生 高校生


日 本 史 基礎演習
世 界 史
基礎演習
地   理 基礎演習
※ 現代社会 センター対策

プロテク先生 高校生

 大学 入学試験の種類

★一般入試 センター試験
  一般入試では、センター試験の受験が必須である。同時に多くの大学(学部、学科)で、個別学力検査(二次試験)が実施される。
 このセンター試験と個別学力検査の合計点によって、合格者が決められる。 センター試験と個別学力検査の配点比率は、大学によって大きく異なります。一部の大学では、二段階選抜が行われる場合もあります。 これは、センター試験の得点などが一定に達していないと不合格となり、 志願者数が決められた倍率を超えた場合、最低点を定めるなど大学により決定される。
 
  二段階選抜が実施された場合、センター試験で合格となった志願者が、個別学力検査を受験できる。
センター試験は、5教科7科目(国語・外国語・数学(1)・数 学(2)および地理歴史・公民・理科から3科目)が課される。 近年は、これによらず選抜方法に多様性を持たせている大学も多い。

省庁大学校のうち、独 立行政法人大学評価・学位授与機構が大学相当の教育を行うとして認定したのは、防衛大学校、防衛医科大学校、水産大学校、海上保安大 学校、気象大学校、職業能力開発総合大学校、国立看護大学校の7校である。 卒業者には、学士が授与される。 このうち、防衛大学校および防衛医科大学校の入学者は自衛隊員、海上保安大学校の入学者は海上保安庁職員、気象大学校の入学者は気象庁職員となる。 これら3校の入学試験は、採用試験と呼ばれてい
高校生 プロテク先生る。 各校は、独自に試験を実施しており、大学入試センター試験は用いられていない。
プロテク先生 高校生
 ★推薦入試
 推薦入学(すいせんにゅうがく)とは、主に大学や高校が学生を募集する際に、出身校からの推薦を受けた学生を選抜して入学させること です。 選抜の基準は、学業やスポーツ、芸術分野など大学・高校が要求する特定分野の成績、調査書等で判断されます。

  近年は自己推薦、社会人推薦など出身校の枠や現役・浪人(卒業時期)の別を問わないなど推薦入学の形態も変化しつつあります。

指定校推薦入試制度

 @指定校推薦とは、推薦入学の方法の一つで、日本ではそのほとんどが私立大学で実施されています。 大学等が、指定した指定校に対し推薦枠を与え、指定校では進学を希望する生徒に対して 選抜を行い、 大学等はその選抜された生徒に対して面接などの試験を行って合否を判定する入学試験の制度の一つです。
 
 A大学等は指定校推薦合格者の追跡調査を行い、入学辞退や入学後の中途退学、著しい素行不良や学業成績不振などの事態があった場合な どは次年度からはその 指定校への指定校推薦を取り下げる場合があるため、 指定校推薦で大学等に進学する場合は、入学後に辞めないことを前提としなければなりません。 従って入学後に中退したり、留年を繰り返すなど学業不振に陥った場合、出身の指定校の大学等進学実績を上げにくくなり、指定校側、特にその指定校への入学 を希望する生徒に迷惑がかかる場合があります。
  
 B工業・商業・農業・水産などの職業高校では一般受験対策用の普通教科に属する科目の授業数が少ないため、一般入試による大学受験は 不利であると考えられ ている。 そのため職業高校は、積極的に指定校推薦による大学進学を強化している。 これゆえ職業高校は、自校に推薦枠を設けるよう私立大学に依頼したり、私立大学との関係を強化するなど、普通科の高校に比べて進学対策に熱心である。 ただし職業高校から指定校推薦で大学等に入学した学生は、基礎科目の授業で、一般受験を経た学生に比べ大きな負担を強いられる。 一般入試を通らないため、基礎学力が身に付いていない学生が入学してくる危惧がある。 特に理系大学の場合、入学までに基礎学力を徹底させないと基礎科目の単位取得に影響を及ぼす場合があります。

☆推薦条件
 大学等は、それぞれ指定校に対し推薦基準を示しております。 一般的な推薦基準として評定平均条件を 課すものがあり、推薦する生徒が一定の基準以上の成績を修めているかを条件として受験者を絞り込みます、 一般には入学時から3学年1学期までの評定の総合平均を出し、それが「5段階評価換算で3.5」といった一定基準以上の評定だった場合に条件が満たされま す。
  また、特定の科目の評定平均の条件を課す例、また選択科目や出席日数などの基準を設ける例もあります。 推薦基準を提示された指定校側は、進学を希望する生徒の中からこれらの条件を満たした者を確認し、学内会議を経て最終的に推薦する生徒を絞り込み、 推薦された生徒は、大学等での独自試験(書類審査や面接など)によって合否が判定されます。書類に特別な不備があったり(出席日数が足りないなど)、 面接の態度がよほど悪かった場合は不合格となることもあるが、試験当日に普通に試験会場に出向いて試験を受ければほぼ無条件で合格となるのが一般的であ る。 ただし指定校推薦での受験は原則的に専願受験になるため、推薦試験に不合格となった場合はやり直しが効かず、その大学等への進学を希望する場合には一般入 試を受けることになります。
 
 プロテク先生 高校生
 ★AO 入試制度
  AO入試は、出願者自身の人物像を学校側の求める 学生像(アドミッション・ポリシー)と照らし合わせて合否を決める入試方法で す。 学力試験の得点で合否が決まる従来の一般入試とは異なり、志望理由書や面接などにより出願者の個性や適性に対して多面的な評価を試みる点に特色があり、 現在では、大学入学者の半数近くが、従来の学力検査(「一般入試」)とは異なる方式で大学へ進学しています。 従来「スポーツ推薦」として、運動選手に対して開かれていた門戸が、芸能・文化活動の領域にまで広げられたものとも考えられ、現に多くのスポーツ選手など 有名人がこの方式により入学しているケースもあります。

  こうした「一般入試」と異なる新たな選抜形式が、一様に「AO入試」と呼ばれているわけではなく、「自己推薦入試」、「公募制推薦 入試」、「自由選抜入 試」、「特別総合入試」、「一芸入試」等、 明確な基準がないこともあり、様々な名称が与えられていますが、実態はほぼ同じものとして扱われています。 現在では、私立大学全体の7割超にあたる400校以上で「AO入試」が実施されています。

  国公立大学でも、旧来型の「推薦入試」は、以前から広く実施されてきた(国公立大学の実に9割以上で「推薦入試」は実施されてい る)が、 近年、東京大学など一部の難関大学を除いた、国立大学でも「AO入試」の採用が増加し、推薦入試とともにAO入試の実施は、過去10年間で最高を記録し、 現在、国公立大学の約4割、60校以上が「AO入試」を実施しています。
 
   他方、私立大学を中心に、一般入試による入学者の比率が50%を割っており、定員確保のため推薦入試・AO入試に頼らざるを得ないのが現状のようです。 加えて、難関私立大学では、学生の「数」を推薦入試やAO入試で確保し、他方の「一般入試」の定員(合格者)を絞りこむことで、 大学の「ブランドイメージ」に直結する、偏差値を高く維持することができるため、AO入試や推薦入試が盛んに利用されています。 このため、同じ大学内で、学力の低い「AO入試組」と、「一般入試組」の学力格差が大きな問題になっていると指摘する向きもある。

 ●AO入試のメリット
 ○大学のメリット  過去においては、意欲のある優秀な学生を早期に囲い込むことが主眼であったが、近年は学生数の急減を受けて入学者の半分以上を推薦入学枠で固めるなど、 定員確保のために使う学校も増えている。また大学側は往々にして認めはしないが、 難関大学と呼ばれていた大学においては各種推薦により一般入試枠を減らすことにより学力偏差値を高水準に維持しようという目論見も見うけられる。
受験生のメリット 通常の入学試験で課せられる試験科目が軽減、もしくは免除されることが多く、通常の入試時期よりも早い段階で合否判定が行われることから受験の負担が軽減 される。

AO入試のデメリット
○大学のデメリット  必要な基礎学力を十分身につけていない学生が入学してきた場合、これを教育しなくてはならない。 そのような事態が生じる要因として、調査書などにより一定水準は担保されることになってはいるものの、 評価基準は出身校ごとに異なるために学力のギャップが生じることが考えられます。 推薦入試でも独自の学力試験を課し、合否判定資料のひとつとして用いることもありますが、試験内容は一般入試と比べれば、極めて平易なものであることが多 いです。 それらは特にスポーツ推薦入試に多くみられ、私立大学や一部の私立高校ではプロチームの入団テスト同然になっていることが多いそうです。
受験生のデメリット 特に指定校推薦の場合、合格したら入学を確約しなければならず、早期合格とは引き換えに「チャレンジ校」への受験・合格機会を手放すことを強いられる場合 が多いです。
  また、出身校は将来的にも推薦枠を確保したがるので、推薦入試で入学した場合、中退・転学などがしにくくなります。

 ★入試優遇制度 [編集] 入試において、特別な技能・クラブ活動や生徒会、ボランティア活動等の実績・資格取得の有無などを判定材料のひとつとする大学が増えているようです。 出願資格として英語検定・漢字検定・TOEIC・簿記検定などの取得級(例えば○級以上)が要求されたり、それらの学習を通して得た結果・入学後の勉強の 意向などを面接で訊かれる場合もあります。

 参照 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia
 
     
   プロテク先生 高校生

   
ぽちっと先生大学入試ゼミ

▲ ページトップ

ぽちっと先 生アイテム受験・入試情報最新情報メー ルマガジンサポート体制ごあいさつ
サイトマップ会社概要個人情報保護方針特定商法リンク情報お問い合わせ

 リンクについて

ぽちっと先生アイテム紹介へのリンクはご自由にどうぞ。

相互リンク随時募集中